さいたまからきました! 海釣り日記

どうもこんにちは!埼玉県在住・31歳・釣り2年目の初心者です。そんな私の失敗談を書き綴ります。先生募集中です(笑)twitter始めました@saitamafish

お年玉の使いみち

新年おめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

 

悩み

さてさて、冬ボーナスが会社から出まして、その中からとても可愛らしい額のお小遣いが懐に舞い込みました。

さながら子供のお年玉の様で、使いみちにとても悩んでおります。

 

竿にするのか、リールを買うのか…

リールなのか、竿なのか…

 

これからの時期を考えると寒メジナシーズン、使いやすい磯竿がとても欲しくなる。

 

それもインターラインのモノに惹かれている。

f:id:childfoot2000:20180108192912p:plain

△ダイワ インターライン リーガル 1.5-42

 

ライントラブルも軽減されるだろうし、夜釣りにもいいだろう。

城ヶ島の磯はとても風が強いのでその対策にはぴったりだと思う。

 

 

だがしかし、仕舞寸がでかい!110cmとかある。

今持っている磯竿が100cmで、それでも持ち運びに苦労しているのに…。

 

これは電車釣行の俺にはかなりの死活問題である。

 

 

理想の究極はカバン一つで釣りに行きたいのだ俺は。

 

 

 

で、考えたのがコンパクトな磯竿。

 

 

f:id:childfoot2000:20180108192729p:plain

△ダイワ リバティクラブ 小継 磯 2-360

 

 

でもこれ、全長が短いんじゃ!

360cmとかしか無い。

 

てことはよ、ハリスが長く取れないから深場は探れないってことになるんですよね。

 

クセが強いんじゃ!

 

 

絵に直してみる

こちらが人間と竿の大きさの比較である

f:id:childfoot2000:20180108191153g:plain

うーん、やっぱり小継竿は小さい!

 

もっとわかりやすく電車背景にしてみる。

f:id:childfoot2000:20180108191201g:plain

110cmあるとそれなりに存在感がある。それに引き換え、コンパクトなものなら大型のカバンに入るし。。

 

でもえてして小さいものは使いづらいものが多いというのも事実…

 

 

(うーん、どっちもほちい。)

 

 

 

こんな感じで正月から昼夜悩み続けている小心者の釣り人である。