さいたまからきました! 海釣り日記

どうもこんにちは!埼玉県在住・30歳・釣り1年目の初心者です。そんな私の失敗談を書き綴ります。先生募集中です(笑)twitter始めました@saitamafish

釣りに興味を持って良かった3つの事。

まだまだ始めたばかりの初心者マークもいいところだが、釣りに興味を持ったことで生活のなかに良い循環が起りはじめている気がする。


釣りに興味を持って良かった事その①「料理をするようになった」


台所になんてほとんど立った事の無い俺だったが、釣りに興味を持ったことで料理というものをするようになった。

自分で釣った魚を自分で調理して楽しむなんてかっこ良すぎる!と思ったからだ。

魚が捌ける人は一目おかれる。

美味しい料理ができる人は、容姿が良い人よりも魅力的だと思う。

だから休みの日は必ず俺が夕飯を作る。(魚料理以外もね)

それに妻にもとても感謝される。

腕前はまだまだ未熟だし、もし「噂の東京マガジン」のやってTRY!に出演したら、やいのやいの言われる事請け合いだが、それでいいのだ。

f:id:childfoot2000:20160513105632j:image
失敗を恐れてはいけない!
(この間はアジフライを三枚に卸してしまった!)

釣りのスキルとともに基本的な料理が出来るくらいの腕前になれるように努力していこう。



釣りに興味を持ったことで良かった事その②「地理がわかるようになってきた」


この海はどんな魚が釣れるんだろうと、釣りサイトと航空写真を交互に見比べ想像する。

ここまで行くには電車賃は幾らだろうとか、高速と電車はどちらが早く着くだろうとか、
考えてるだけでも楽しい。

正直、日本地図に自信が無かったが、人並みになったと思う。

時間とお金が許す限り、調べた場所には実際に自分で行き尽くしたい。

その土地の空気、その土地の酒、その土地の食べ物や魚を食した時、それこそが人生と旅の醍醐味なんだろう。



釣りに興味を持ったことで良かった事その③「人との関り合いが増えた」


釣りを通じて仲間がどんどん増えていくのを日々感じる。

もともと釣りをやっていた人に教えを乞うのもそうだし。

釣糸を垂らしていると声をかけられる。

釣りの本を持っているだけで「釣りをやられるんですか?」と声をかけられ会話が始まる。

仲間を集めるために、疎遠になっていた同級生に久しぶりにメッセージのやり取りをする。

ブログやツイッターを始めたことでいままでに何の接点もなかった方たちと出会う。

いつの間にか俺の周りに釣りネットワークが形成されつつある。

これは凄く嬉しい。


「何か釣れますか?」


普段ならいきなり話しかけてくるなんて失礼だし、なんだか怪しいなと思ってしまうけど、この言葉は見ず知らずの人と会話を突然に始められる素晴らしい魔法の言葉だ。