さいたまからきました! 海釣り日記

どうもこんにちは!埼玉県在住・31歳・釣り2年目の初心者です。そんな私の失敗談を書き綴ります。先生募集中です(笑)twitter始めました@saitamafish

三浦半島、城ヶ島での釣り(釣果編)

三浦半島、城ヶ島での釣り(道程編)はこちら三浦半島、城ヶ島での釣り(道程編) - さいたまからきました! 海釣り日記
 
 

釣り開始!

 
城ヶ島へ到着する。
 
足元は溶岩が冷えて固まったままといったごつごつとしていて、階段のようになっている。
 
雛壇と呼ばれるらしい。
 
俺は磯用の靴を持っていなかったので登山靴で来たが、やはりスパイクは持ってきた方が良いと思う。
 
家族連れの子供達がスニーカーやクロックスで走り回っているのは正直ヒヤヒヤした。
 
 
釣り人が5mおきくらいに陣取っている。
 
中々の混み具合だ。
 
 
良さそうな場所へ移動し、仕掛けを作る。
 
仕掛けは「浮きふかせ」釣りだ。
 
 
 
 

初心者向け しかけのご紹介

自分のメモとしても
5.3mの磯竿

2500番スピニングリール
ナイロン3号糸
シモリ玉
浮力Bの円錐浮き
ヨウジ止め
ガンダマ
サルカン
ハリス(ひとひろ)
チヌバリ1号
アミエビ
 
アミエビは尻尾をちぎり、針の形と同じ「つ」の形になるように尻から刺す。
 
エサを持つ手は固定して、針の方を差し込んでいくとうまく行く。
 
 
 

いざ、投入!

 
海面に泡がたっている場所へ目掛けて仕掛けを投げる。
 
 
撒き餌を投入する。
 
しばらく様子を見て、5~10分程したら餌の状態を見るために巻き上げる。
 
餌がとられていなければ、タナを30センチほど深くする。
 
餌がとられていても、アタリがわからないのであればタナを浅くしてみる。
 
を繰り返す。
 
 
 
釣りを始めて3時間が経とうとしている。
 
隣の釣り人は30cmほどのメジナとメバルを釣り上げている。
 
 
ここまで来てボウズは嫌だと念を込める。
 
 
 
その時、
 
 
「引いてますよ!」
 
Sさんから声が掛かる
 
浮きから目を離していて見てなかった
 
 
浮きが若干水中に引っ張られている様に見えなくはない。
 
 
「竿の先を浮きの方に向けて、ゆっくり巻いて下さい!」
 
 
Sさんは仕事上の立場的に俺に対して敬語を使う。
俺は俺で、年齢が上のSさんに対して敬語である。
 
そんなことはどうでもいい。
 
 
「真っ直ぐになったら合わせて下さい!」
 
竿先が浮きと真っ直ぐになったところで、竿を手首のスナップを使ってしゃくり合わせる!
 
 
 
シュッ!!
 
 
おー!ブルブルくるぞー!
 
小物感はあるが、これは間違いねえ!
 
 
魚だ!!
 
 
今、俺の手と魚が、この細い1本の糸だけで繋がっている!
 
 
 
引きは強くないため、リールを回す手が止まらない!
 
 
クン!と急にリールが回らなくなる。
 
浮きが竿の先端まで巻かれてしまって引っ掛かっている。
 
「それ以上回したら折れます!」
 
あぶねー、無我夢中でリールを回していた為、全く見ていなかった!
 
 
魚はもう空中に居た。
 
 
「えさとりはこいつでしたかー」
 

f:id:childfoot2000:20160523155758j:image
初めて釣れたーー!
 
 
俺の童貞卒業はフグ!!
 
可愛い顔をしやがって!
 
今逃がしてやるからな。
 
 
 
じたばたしやがって、なかなか針が外れない。
 
えさとりだって良いのだ。
 
魚だもの!!
 
俺は魚を釣りに来たんだ!
 
テニスボールでもなく、
 
変ないきものでもなく、
 
魚を!
 
 
嬉しかった!
 
やっぱり知識!
 
先輩と来て良かった!
 
 
 
 
さて、本命はメジナだ!
 
意気揚々と続けてみる。
 
 
 

俺についに波が来た

 
今度のアタリは、着水とほぼ同時に来た。
 
浮きが沈む。
 
もしやと思い巻き上げる。
 
 
 
お!さっきより重いぞ!?
 
水面に魚が見えるところまで巻いてくる。
 
 
 
「おー!サバですかね…いやこれは」
 
 
 
 
「サヨリですねー!」
 
 
なんか聞きなれない名前の魚きたーー!
 
その時点で興奮興奮度MAX!
 
 
またリールを巻きすぎて、竿と浮きが引っ掛かる!
 
 
目の前ではサヨリが元気よく体をくねらせている。
 
 
 
 
 
嬉しすぎる!
 
 
 
やっと食える魚が釣れた!!
↑これしか考えてない
 
 
 
早く締めなきゃ!!!
 
 
 
 
と、頭のなかでは魚魚パニック状態だ。
 
 
とにかく逃げられないようにサクッとナイフでエラにひと刺しして血抜きを行う。
f:id:childfoot2000:20160523233319j:image
↑このあとこのままの形で死後硬直してしまい、まな板の上までこの形でした。
 

f:id:childfoot2000:20160523235140j:image
↑まな板上までカッチーン!
 
 
なにか真っ直ぐにする方法ってあるんですかね??
 
サイズとか計るの忘れた。
 
多分25センチくらいだったな。
 
 

サバ地獄

 
さあどんどん釣るぞ!
 
なんか波が来てる!!
 
と、その後は15cmほどのサバが2匹釣れたが、小さいからリリース。
 
 
 
Sさんもさっきからサバしか釣ってねえ!
 
てか今日、サバしか釣ってねえ!!
 
10匹以上連続の小型のサバにイラついている(笑)
 
結局、最後までサバしか釣れず、ここでメジナが釣れなかったのは初めてだと口をこぼしてた。
 
サバ、サバ、サバ
 
サバ地獄…
 
 
 
 
 

帰宅は、少しの名残惜しさと共に

 
大潮とあって、夕方を迎えるとぐんぐん高潮してくる。
 
そろそろあぶねえなと言うことで、17時に納竿。

f:id:childfoot2000:20160523235336j:image
夕焼けもきれいで、天気がいいと富士山まで見えるとか。
 
 
 
目標のメジナは釣れなかったけど、ほんとに楽しい一日だった。

心のなかでは、楽しんだ分、もっと遊びたいとか、また来たいという名残惜しさがほろ苦く感じる。
 
 
釣り先輩のSさんには感謝の意を込めて、ビールをご馳走。

f:id:childfoot2000:20160523235711j:image
すっげ喜んでた。

氷結ですら旨かったーー!
 
 
 
 
やっぱ釣りっていいですね。
 
絆が深まるというか。
 
心に余裕が出来るというか。
 
最高の趣味だ。
 
釣りに出会えて良かった。
f:id:childfoot2000:20160524001542j:image
またくるぞ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

~おまけ~

 
家に帰ってサヨリちゃんを捌く!
 
げげ!虫だ!
 
顎のとこ!

f:id:childfoot2000:20160523234629j:image
↑調べてみると、サヨリヤドリムシと言うサヨリのみに寄生する寄生虫らしい。
 
 
普段は口のなかにいるって…サヨリの下顎が出過ぎてるから入りやすいんでしょうね。
 

f:id:childfoot2000:20160523234940j:image
↑昨日のクイズ画像
 
 
でもちっと可愛い顔をしてる。
 
つついてみると嫌がる(笑)かわいい(笑)
 
ほなまた
 
 
~2016年10月14日追記~
城ヶ島での釣り最新情報はこちら、5ヶ月経って、ようやくここまでこれました😢