さいたまからきました! 海釣り日記

どうもこんにちは!埼玉県在住・31歳・釣り2年目の初心者です。そんな私の失敗談を書き綴ります。先生募集中です(笑)twitter始めました@saitamafish

潮について。そして、みさきまぐろリベンジ!!

次の釣りと、その次の釣りの行き先が決まった!


まずは本牧海釣り施設!


そして、6月頭に三浦半島城ヶ島メジナリベンジだ!


楽しみだなー。

他の人のブログや、ツイッターを見ていると、この間、俺が釣ったサヨリなんて、クーラーボックス一杯になるほど釣っている人ばかりで、たった一匹で大喜びしていた俺…



まーいっか。



今までテニスボールとかゴミしか釣れなかったんだもん。

あれはあれで、大勝利ということで。



さて、今度の釣行についてだが少し勉強して得た知識が在るのでひけらかそうと思う。





潮についてだ。






まず調べ方としては釣に行きたい「県名+潮」とかで簡単に出てくるはず。



この間、俺が釣りに行った日、大潮であった。

この大潮というのは潮の流れがとても早く、干満の差が激しい事も特徴としてあげられる。

この“潮が速い”状態は釣りに不利になりやすいらしい。

仕掛けが狙っているところを通りすぎて、あっという間に流れてしまうからだ。


確かに思い返してみると狙ったポイントにうまく投げられたと思っても、そのあとどんとんと流されていったのを思い出す。

どうやら、釣りに最適な潮は

「(大潮~)中潮の日」だということだ。




さらに、潮が流れ始めるのは干潮、満潮のピークから2時間後~4時間の間。

上げ下げ三分なんて呼ばれている。


この時間が一番チャンスが高いらしい。

何故なら、潮によって海底のプランクトンが巻き上げられ、それを小魚が食べる、さらにそれを…と、なるからだ。



そしてその、上げ下げ三分の時間にピタリと朝夕マズメが合わさったならば、それは釣りにとって海の中が最高な状態になったと言える。


ぜひ釣行に行く前に確認しておきたい。


さて、俺が行く日は…大潮、15時くらいまでがよく潮が動く…




うーん






びみょー。









でも、釣りには天体の要素も少し含まれているなんて





f:id:childfoot2000:20160527234453j:image
なんだかロマンチック。







女性を釣りに誘いたいときには、この知識で釣れる…かも。(笑)