読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいたまからきました! 海釣り日記

どうもこんにちは!埼玉県在住・30歳・釣り1年目の初心者です。そんな私の失敗談を書き綴ります。先生募集中です(笑)twitter始めました@saitamafish

今年5度目の城ヶ島磯釣り~真夏~(道程・釣果編)

8月16日

山の日

 

だいぶ時間をおいての更新になってしまった。

 

 

暑い日が続くなか、

 

また、来てしまった。

 

真夏の城ヶ島で磯釣りだ。

 

 

山の日なのに海釣りだ。

 

 

今回は友人Mと行く。

 

Mにとっては、前回おニューの装備で挑んだにも関わらず坊主だったため、リベンジとなる釣行だ。

 

 釣り先輩のSさんも誘ったのだが、Sさんも友達と釣りの予定があるとかで‥

 

ん、まてよどこに行くんだ?

 

そう、まさかの城ヶ島

 

Wデートならぬ、W釣行である!!!

 

 

 

待ち合わせはバラバラに

同じ目的地だが、お互いの友人に面識がなかった為、別々で向かう事にした。(Mは超人見知り)

 

結局、現地ではお互いの釣り場をいったり来たりして楽しんだのだが。

 

 

 

大将!

Sさんの友人、「大将」さん。

釣り方は、俺が初めて出会う「泳がせ釣り」だった。

 

小魚を釣って、その魚に針をかけてさらに大物を狙うらしい。

 

てかガチ勢だ。Sさん以上のガチ勢かもしれない。

魚釣りのためなら海外遠征までする漢(おとこ)!

だが気さくでとても良い方だった!

 

 

 

昼は釣れないの?

城ヶ島についたのが9時頃。

 

釣りを開始してそろそろ2時間ほど。

 

釣れたのは友人Mのサバが一匹だけだ。

 

トホホな状況。

 

 

 

昼に近づくにつれ、気温がぐんぐん高くなる。

 

暑すぎる!!

 

日差しに焼かれ肌はピリッピリだし、磯で怪我をしないようにタイツなんかはいてるからゆでダコになりそうだった。

 

そして何より釣れない状況がとても辛い!!

 

 

なので気分転換に泳ぐことにした。

 

この時間は前回も釣れなかった。

 

どうせかかっても小サバだし、切り替えって大事だよね。

 

 

 

Mに泳ぎを教える(笑)

Mは何かにつけてでかいことを言う。

 

シュノーケリングでサザエを採ろう!※」だとか、「モリで魚を捕まえよう!」だとか。

(※絶対ダメ) 

 

 

でも、お前、泳げないじゃん!

 

Mは泳げない。

 

泳ごうとしたら滑って転んで背中を擦りむいてた。

 

俺もうまくはないが、まずはMが泳げるようにしてやることが先だな。と、暖かい目で見守ることにして、波打ち際で30男二人がちゃぷちゃぷ遊んだのだった。

 

 

やっと会えた!感動の再会!!釣り座に戻る。

 

遊んだ分、集中力が回復した。

 

狙うは30メートル程沖の、泡が浮いている場所!!

そこに入れ込み続ける!

 

反応がなければ浮きの位置を変え、タナを調整する。

 

 

因みにこの日は水温が上がっていて、魚が潜っていると判断したため、いつもよりハリスを長くとる。

2.5ヒロ。

両腕を2回広げた分だ。

 

 

 

そしてついに餌が食われた!

 

この噛み痕、ヤツだ!

 

ヤツがいる!!

 

 

投げ込み続ける。

 

餌が食われているのに反応がなければ

 

棚を少し浅くする。

 

投げ込み続ける!!

 

ヒット!! 

 

キタ!

 

キタよキター!

 

この感じ!久しぶり!!

 

ぐぐーっと引っ張りのある抵抗!

 

竿のコントロールとドラグ

竿のパワーは恐らく十分すぎるほどだろうが、なるべくきれいなフォームをとるようにする。

 

竿の中腹部分でrを描き、竿先はまっすぐ魚に向ける。

 

竿の反発力でさかなを釣り上げるのだ。

 

ドラグは少し緩めにする。

 

前回、かかった瞬間に俺は逃がすものかとドラグを締めたのだが、コレではメジナが岩場に戻ろうと隠れようとするときに、キンキンに引っ張られバラされ易くなってしまうことに気がついた。

 

なのでドラグ調整は少し緩め、糸は巻けるが竿を急に動かすと糸が繰り出されるくらいか?これはもっと実践が必要だ。難しい。

 

 

まあ、そんなこんなで無事ゲット!!

 

いやー、今日も目当てが釣れた!

 

23センチのメジナちゃんだ!

 

うーん、会いたかった!

 

きれいな色をしたメジナだった。

 

Mは、相当悔しがっている(笑)

 

だがコレでいい!!(笑)

 

Mが提案する 

 

「場所を移動しよう」

 

 

 

移動の先は‥

ここでは釣れないと見切りをたて、また前回同様移動する事にした。

 

前回、最初に陣取ったところへ移動する。

 

俺は前日寝ていかったのでここで昼寝する。

 

一匹釣れるだけでも嬉しい。

 

Mにエサをすべて渡して寝転がる。

 

 

日差しが和らいできた。

 

風が吹き抜け、とても心地よい。

 

波音に揺られ、深く、落ちていく…

 

 

 

…気がつくと30分ほど寝ていたようだ。

 

目を覚ました瞬間に目の前にメジナが浮いていた。

 

何を言ってるかわからないだろうが(略

 

ちょうど目を覚ました瞬間にMがメジナを釣り上げる!

 

「今、ものすごく集まってきてる!!」

 

とても嬉しそうに声をあげるM。

 

どれどれと覗いてみると、うおお!ほんとだ!

 

メジナが群れている。お食事タイムなのか!?泳いでいるのがよく見える!

 

釣れそー!!

 

 

 

 

 

 

釣れなかった!

 

お互いメジナが一匹のみ!

 

でも満足!

 

Sさんと大将も大漁とまでは言えないようだ。

 

またこんな感じで釣りにいきたいなと思っていたが…

 

 

残念な連絡が入った。

 

 

Sさん、九州へ転勤!!!!!!

 

遠すぎだろ!

 

ショック!!

 

もう、Sさんと釣りは出来ないのだろうか…

 

 

いつか九州へ釣りに行きます!Sさん!どうかお元気で!!!(TДT )

 

 

 

 

 

 

次回は新潟での釣り!