読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいたまからきました! 海釣り日記

どうもこんにちは!埼玉県在住・30歳・釣り1年目の初心者です。そんな私の失敗談を書き綴ります。先生募集中です(笑)twitter始めました@saitamafish

前々回撃沈メンバーで城ヶ島超絶リベンジ!ポロリもあったよ

まぐろきっぷ 城ヶ島 道程編 釣果

大雨の末、撤退を余儀なくされた前々回のヒナダン釣行。

 

 

saitamafish.hatenablog.com

 

今回、同じメンバー、I君とM君とでリベンジをすることにした。

 

10月2日(晴れ)大潮。

 

この日の前後は雨だった。

 

日焼けするほどに天気が良かった一日だった。

 

またまた朝から待ち合わせてまぐろきっぷで三浦半島へ向かう。多分今年8回目。

 

いつも通り、浮きふかせでメジナ狙い。

 

乗り継ぎが悪く、昼御飯を調達できなかった‥このあと日没まで釣りをすることになるとはこの時思わなかった。

 

 

 

大混雑

日曜日ということもあり、ヒナダン周辺は大混雑!!

 

みんな目がギラギラしていてなかなか入っていけない雰囲気だった。

 

なんせこっちは3人だ。

 

5メートルおきに並んでいる間に割り込むなんてことは、(やろうとも思わないが)出来ない。

 

 場所探しが大変だった。



f:id:childfoot2000:20161013231441j:image
 🔼最初はここで。

 

 

やっと釣り座を確保するも…

人の少ないなかなか良い場所を確保できた。

 

早速3人で仕掛けづくりをする。

 

全員、自分の仕掛けは自分で作れるようになったので、今回からは自分達の腕前が問われてくる。

 

浮きふかせは奥が深い。

 

浮きの使い方、潮の流れ、ハリスの長さ、どれもその人の好みだ。

 

三人三様の仕掛けで臨む。

 

だ  が  、

 

1時間位粘るも釣れず、、今までの釣果から言ってもやはりちと渋すぎるポイントだったかも。

 

と、いうことで早々に移動することにした。

 

 

 

安定のバス停裏磯

前回、小物が次々と釣れる状況だったバス停裏の磯場で再チャレンジ!

 

ここもかなりの人気スポットだが、勇気を出せば足場の超悪い先端まで行くことが出来る。

 

先端は先細りになっているので3人が同時に沖方向へ竿を出すことが出来ない。

 

友人Iが先端に、Mと俺はヒナダンに対面する形で仕掛けを投げる。

 

 

 

強風+根掛かり地獄+ポロリ

風が強い。

 

荷物が風で飛ばされるし、仕掛けは風でグルングルンと回って絡まりまくる!!

 

そして1投するごとに足元の岩に引っ掛かる仕掛け!!

 

その度にぐっちゃぐちゃになるライン!!!!

 

めちゃくちゃイラつく!!

 

今までやって来た中で最悪の環境だった。

 

2回に1回の割合でラインがぐっちゃぐちゃになるため、仕掛けを1から作り直すのを何回やったことか…。

 

ハリスがもったいねーー!と涙が出そうだった。

 

浮きふかせの消耗品の中で一番高いアイテムがハリスじゃなかろうか…。

 

仕掛けを投げる→風で絡まる→ほどく→仕掛けを投げる→根掛かり→救出→風で絡まる→ほどく→(最初に戻る)

 

…本当に辛かった。

 

もうやめたいと思った。

 

その時!

 

気づいた!

 

 

竿先が…ポロリしてる!!!

 

竿先が折れてしまった。

 

多分根掛かりで何度も引っ張っている時に角度が悪く折れたのだろう…。

 

もう、やめよう…。

 

釣りで初めて帰りたいと思った。

 

大雨でも、テニスボールやグロい貝が釣れても帰りたいとは思ったことがなかった。

 

でももう無理。

 

頭の中は軽くパニック状態である。

 

ずっと頭の中で大黒摩季の「熱くなれ」が流れている。(なぜこの曲なのかは謎)


f:id:childfoot2000:20161014105404j:image
 

こちとらオーバーヒートだ。

 

俺「竿折れたから、もう俺はやめるわ」

 

MとIに伝える。

 

もう見学してよう。散歩でもしようかな。と思ってたらMが…

 

 

 

「あれ?俺の竿も折れてる。」

 

W(ダブル)ポロリ!!

 

 
f:id:childfoot2000:20161014012241j:image

🔼情けないぜ!Wポロリ!

 

I君、なんか釣る

というわけで、二人が棄権状態である。

 

Iには餌が無くなるまでやっててどうぞと伝える。

 

 

夕焼けの海がキレイだ。

 

この景色を見に来たと思えば良いかと自分に言い聞かせる。

 

なんだかイライラした気分が収まっていく。

 

 

そしてIが俺らに向かって声をかける

 

「タモ(用意して)!!」

 

再びイラッとした(笑)

 
f:id:childfoot2000:20161014021531j:image

🔼タモ!!の図

 

何か大きなものがかかっているのはIの竿の曲がり具合を見れば明らかだった。

 

(イヤイヤ)タモを用意する。

 

すくいあげるとなんだかタイに似た…?30センチほどで、斑点のある茶色の魚だった。


f:id:childfoot2000:20161013235833j:image
 

なんだこれー!と全員がわからなかったが、なんだか大物なので友人Iも超どや顔!

 

いやー、でもすごいよ。

 

2回目の浮きふかせでこんなおっきいの釣れるんだもの。

 

でもなんの魚だかわからないのが嫌だったのでTwitterで聞いてみる。

 

すぐさま返事がくる。

 

すごい便利な時代ですよ。

 

そこには何人もの方が口を揃えて同じ回答をしていた。

 

「アイゴですね。」

👺

 

アイゴ!こいつが!?

 

「ヒレに毒があるんで気をつけて下さい。」

 

なにー!!?

 

二人に危ないらしい!と伝えるも、もうさっきのアイゴは捌かれていた。

 

早!(笑)

 

(ヒレに毒が有り、刺されると超痛いそうです!危険な魚の為、腕に覚えのある方以外は真似しないでください!)

 

刺されなかったか聞くが、痛くないそうで大丈夫だったようだ。

 

運が良かった。

 

このアイゴはIが持ち帰って煮付けにしたらしいが、メジナの煮付けより旨かったとか。

 

 

 

借りた竿で釣りをする。

夕マズメ時になり、周りも釣れ始める。

 

Iがメジナを釣り上げるのをずっと見学していた。

 

釣れ始めたのを見ると、折れた竿でも良いからもう一回やりたいなと思ってくる。

 

その時、Iの竿でライントラブルがあった。

 

Iは、「俺仕掛け作るの遅いから、俺君、仕掛け作ってこの竿使って良いよ!」

 

だって!

 

やさしー!!

 

さっきはイラついてごめーーん!

 

 

ちゃっちゃと仕掛けを作り直す。

 

(もうやる気0だった為、GoProは片付けた。)

 

さっきアイゴが釣れた近くに仕掛け投入!!

 

人の竿って持った感じとか重さとか、全然違って面白い。

 

とにかく俺のリールより軽かったので、片手で持ちやすかった。

 

2~3投したときに、ぐーーーん!と浮きが海底に消えていった。

 

 

キターーー!!

 

竿を壊さないように竿の曲げかたに気を付ける。

 

この感じ、メジナだけど、なんかいつもより絶対でかいぞ!!

 

こういうときに限ってビデオは撮れず。

 

Iがタモを出してくれた。

 

タモ便利!

 

タモ入れは初めてだったが、タモは動かさず、魚から入れるって言うのは聞いたことがあった。

 

うまくはいった!

 

で、あげてみる。

 
f:id:childfoot2000:20161013235910j:image

 

でかーーー!

 

一目で自己最高記録とわかる大きさだった。

 


f:id:childfoot2000:20161014001026j:image

測ってみると約30センチ!(1センチ足らないように見えるけど、スタート地点がずれてるので😅多分30オーバーです(笑))

 

Twitterには勢いで「念願の尺メジナゲット!」と誇張!!(←いやいや、超えてますから!)

 

でもやっと、ここまで来れました!

 

嬉しすぎる!!

 

30センチなんてまだまだ小さい方だろうが、俺の最高記録と言うところでとても感動した。

 

その後、徐々に暗くなり解散する。

 

今回はとても良い収穫があった。

 

皆さん、色々と教えていただきありがとうございました。

 

これからもどんどん釣りに出かけてレベルアップしていきたいと思う。

 



f:id:childfoot2000:20161013234610j:image

🔼どや顔I君

 

次回→城ヶ島・黒島岸壁でエギング!!